映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

藤原竜也の演技は下手?ワンパターン俳優と言われていたが実はすごかった

2017/06/24
 

今回紹介するのは、
大人気俳優の『藤原竜也』さんです!!


写真引用:Twitter

映画、ドラマ、舞台、声優、ナレーションなど幅広く活躍されてますね。

個人的には、「THE 世界遺産」のナレーションが好きで毎週見てます。

 

そんな藤原竜也さんなのですが
実はデビューのきっかけは蜷川幸雄の舞台『身毒丸』で主役に選ばれたことがきっかけみたいです。

これには、びっくりですね。

ドラマでのイメージが強いので舞台をやられていることは知りませんでした。

また、蜷川幸雄はかなり厳しい監督として有名なのでかなりしごかれたみたいですね。

 

今年の夏には舞台『プレイヤー』で主演を務めるみたいなのでこちらも楽しみですね。

〜舞台『ブレイヤー』の詳細〜

東京公演
2017年8月4日(金)〜27日(日) Bunkamuraシアターコクーン

大阪公演
2017年8月31日(木)〜9月5日(火) 森ノ宮ピロティホール

 

しかし、実は藤原竜也さんにはこんな話が・・・・

今回は、藤原竜也さんの演技は下手?ワンパターン俳優なのかについて書いていきたいと思います。

SponsoredLink

藤原竜也は演技が下手なのか?

SNSではかなりたくさんの意見があります。

しかし、個人的に演技力が高いと思います!!

その理由は、どんな役でもその役自体になりきっているからです。

 

たとえば、
デスノートの夜神月=藤原竜也
カイジ=藤原竜也

他の作品もそうなのですが、藤原さん以外の人がこれらの作品を演じてしまうとかなり違和感を覚えます。

完璧に演じきってますもんね。
すごいです!!

なんと過去に主演を演じた「カイジ」では役作りのために10kgの減量をしたり、世界観を感じるため自腹でパチンコ屋に行ったりとかなり努力されたみたいです。

 

また、蜷川幸雄さんも
集中力があって真面目で努力家。ストイックで役のことしか考えられない!!
とおっられています。

そのため、役作りには全力で取り組むタイプなのかもしれないですね。

そんな努力とは裏腹にこんな意見も・・・・

ワンパターン俳優??

Sponsored Link

こちらに関しては完全に役の影響だと思います。

藤原竜也さんが出演作品は
カイジや藁の楯で演じた「人間のクズみたいな役」が多い。

そのため、藤原竜也はクズな役しかできないのではとのではと・・・

 

それを覆したのが今回出演した映画「22年目の告白」、ドラマ「リバース」!!

かなり演技に迫力があり作品にのめり込んでしまいました。

かなり面白かった!!

そして、映画『22年目の告白』も今大ヒット中。

まだまだ、藤原竜也のブームは続きそうですね。

凄さがわかる新作の比較

22年目の告白(映画)

この作品では、殺人犯という難しい役を演じた藤原竜也。

すごかったですね。

役的には「クズな役」だったのですが今までとは違う迫力を感じました。

この作品については
こちらでも書いているのでぜひ読んください。

「22年目の告白」にはj役がいる?こいつは何者[ネタバレあり]

『22年目の告白』の原作は韓国の小説?殺人の告白主役のシフはどんな人!

 

リバース(ドラマ)

この作品では、典型的なダメな男を演じた藤原竜也。

本当に演技力の高さを感じましたよね。

何がすごかったかというと
やはり役になりきっていたところですよね。

共演した戸田恵梨香さんも藤原竜也がおどおどした深瀬になりきっており、びっくりしたとか。

かなりすごかったですよね。

今後の活躍が期待ですよね。

個人的には、藤原さん主演の舞台をみにいきたいです。

まとめ

・藤原竜也の才能を開花させたのは蜷川幸雄。

・藤原竜也の演技力はすごい。

・二つの新作で今までのイメージを払拭。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

○映画・漫画好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2017 All Rights Reserved.