映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

黒革の手帖の武井咲の評判がいい?気になる理由は可愛い悪女にある?

2017/07/28
 

今回紹介するのは、ドラマ「黒川の手帖」についてです!!

この作品は松本清張原作のドラマでかなりの人気作ですね。

2008年には米倉涼子主演で平均視聴率15.4%を記録。

米倉涼子の悪女感、色っぽさにかなりの男性がメロメロになりましたよね。

そんな作品が、今作で米倉涼子と同じ事務所の後輩「武井咲」が演じることで話題になっています。

今回はちょうど一話目の放送が終わった時点なので評判はどうだったのか、武井咲はどうだったのかについて書いていきたいと思います。

Sponsored Link

評判がいい?

意外に評判が良いですね。
初回視聴率も11.7%といいスタートを切ったような気がします。

前評判がかなり低かっただけに武井咲も力が入ったのかもしれないですね。

それにしても今作は前評判はひどかったですね。

前評判は??

前代未聞のミスキャスト」とまで言われていましたね。

その理由が・・・

前回主人公の女子銀行員・原口元子を演じた米倉涼子の悪女ぷり」がかなりよかった。
武井咲が若すぎる。

という意見が圧倒的に多いですね。

個人的にも2004年に米倉涼子が演じた原口元子は色っぽくてかなり良かったです。

年齢も当時の米倉涼子は28歳とかなり設定に近い感じも良かったでよね。

しかし、今回の主役の武井咲は23歳とかなり若いです。

期待できないのではと思っていたのは事実です。

でも、見事に期待を裏切ってくれました!!

評判がいい理由は演技力にある?

Sponsored Link

気合いとも言える迫真の演技で視聴者に演技が上手いと言わせましたね。

SNSでの意見です。

https://twitter.com/rity0812/status/889381607143915520

かなりうまかったです!!

武井咲の悪役ありかもと感じてしまいました。

役作りのため銀座のクラブに見学に行くと宣言されていただけあって表情の使い方や仕草がいいですよね。

なぜうまく感じるのは可愛い悪女?

それは武井咲らしい原口元子を演じていることにあると思います。

前作の原口元子を演じた米倉涼子は色っぽい悪女でしたが、今作の原口元子を演じた武井咲は可愛い悪女という感じがしました。

多分年齢も若いこともあってそういった設定にしたのかもしれないですが・・・

それがかなりいいですね。

SNSでも可愛いという意見が多いです。

https://twitter.com/theiceman2015/status/889446495212101632

そのため、米倉涼子が演じた原口元子とは違う、新しい原口元子が誕生したことで好演に繋がったのではないかと思います。

これはますます武井咲の演技期待できそうですね。

まとめ

ドラマ「黒川の手帖」について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると
・意外に評判がいい。

・役作りのため、銀座のホステスにいった。

・武井咲演じる原口元子は可愛い悪女。

『関連記事』

黒革の手帖で武井咲が使っている手帳はどんなやつ?どこで買える?

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

○映画・漫画好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

Comment

  1. 黒革女子 より:

    米倉涼子と武井咲がどうこうって言うより、脚本がひどい!ストリーは周知されているので、何処かに新鮮味を持たせたいのだろうが、シナリオライターとしての資質に欠けるのか、ストーリー展開が雑すぎて見るのをやめた!武井咲はそれなりに妖艶で美しいのに、不運でかわいそうだ!!

    • arachide より:

      黒革女子様
      コメントありがとうございます。
      確かに脚本家によってストーリーとか展開が全く変わってきますもんね。

      でも、武井咲さんはこの作品で今までにないキャラクターを演じているので、
      個人的には武井咲さんの「演技」に注目して見ていこうかなと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2017 All Rights Reserved.