映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

監獄のお姫さまの原作が気になる?脚本家は宮藤官九郎でかなり期待できる?

2017/09/23
 

今回紹介するのは、ドラマ「監獄のお姫さま」についてです!!

監獄のお姫さまといえば・・・

主演が小泉今日子さんでかなり豪華キャストですよね。

引用:Twitter

この作品はかなり面白い作品になりそうですね。

その理由はなんといっても脚本が「クドカン」ですもんね。

クドカンの作品はいつも面白い!!

個人的には東野圭吾さんの作品「流星の絆」はおもしろっかたと思います。

https://twitter.com/hasutoniwatori/status/910143512338771970

やっぱり「クドカン」人気が高いですね。

今回は、ドラマ「監獄のお姫さま」について気になることを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

宮藤官九郎とは?

引用:https://www.rbbtoday.com

大人気な人物だけに気になりますよね。

ではどんな人なのでしょうか。

脚本家、俳優、ミュージシャン、映画監督でもありますね。

ほとんど脚本家のイメージが強いのですが、
「グループ魂」も有名ですよね。

ギター担当です。

ちなみにボーカルは俳優の阿部サダヲです。

実はこのグループ、2005年に紅白に出場してます。

宮藤官九郎さんは人気脚本家でもあり、紅白出場グループメンバーでもあるのです。

マルチの才能を感じますね。

どうやら、この才能は幼少期に開花されていたみたいですね。

作文コンクールで賞をよく取っていたのだとか。

さすがですね。

そんなクドカンが脚本を担当するドラマ「監獄のお姫さま」には原作があるのでしょうか。

原作はあるの?

Sponsored Link

「クドカン」のオリジナル脚本みたいですね。

そのため、原作はないみたいですね。

ということはストーリーを先読みできないので、毎回楽しみになりそうですね。

でも、どうしてクドカンの脚本は魅力があるのでしょうか。

クドカンの脚本の魅力は・・・

なんといっても「笑いがある」

クドカン作品はいつもコメディなのとか、やりたいようにしすぎとか感じることが多いです。

しかし、宮藤さんはかなりお客さんがどう感じるかとかかなり考えているみたいですね。

宮藤さん曰く・・・

「最初に笑いやギャグがあって、自分がニヤっとするかどうか。」が核になっているみたいです。

やはりかなり作り込んでいることがわかり、改めてさすがだなと感じました。

では「監獄のお姫さまは期待できるのでしょうか。

期待できる?

かなり期待できると思います。

大人気な「クドカン」が脚本を担当してるということ以外にも「小泉今日子」との再タッグが注目されていますよね。

小泉今日子とクドカンといえば、大ヒットした朝ドラが有名ですよね。

あまちゃん!!

小泉今日子さんの強烈はキャラクターは今でも忘れられないです。

かなりドSでしたよね。

そんな小泉さんのですが、「監獄のお姫さま」でもかなりハプニングを起こすみたいですね。

https://twitter.com/pripri_TBS/status/909621329925619714

それにしても仲が良さそうな現場ですね。

ドラマの放送が楽しみです。

まとめ

「監獄のお姫さま」について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると
・宮藤官九郎は人気脚本家でもあり、紅白出場グループメンバーでもある。

・原作はない。

・ドラマは期待できる。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

○映画・漫画好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2017 All Rights Reserved.