映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

石崎ひゅーいの本名と魅力は何?彼女が蒼井優というのは本当?

2018/04/28
 

Sponsored Link

『石崎ひゅーい』とは?

生年月日:1984年3月7日

出身地:茨城県水戸市

デビュー曲:『ファンタジックレディオ』

公式サイトはこちら

公式twitter

歌手としてだけでなく、2016年には、映画『アズミ・ハルコは行方不明』に出演しています。

また、最近では日本テレビドラマ「トドメの接吻」の菅田将暉が歌う主題歌の楽曲提供も行なっています。

今、最も勢いがあるアーティストかもしれないですね!!

また、4月12日(木)には代々木公園・野外ステージでのフリーライブが決定しています。

野外ステージでは、初のベストアルバム「Huwei Best」の曲が聞けるかもしれないですね。

 

最新「アルバム」はこちらから購入できます。
↓↓↓↓

Huwie Best [ 石崎ひゅーい ]

 本名と魅力は何?

Sponsored Link

実は、本名は・・・

石崎 ひゅーいです!!

かなり珍しい名前ですよね。

芸名だと思っていました。

 

でも、調べてみてわかったのですが・・・

「ひゅーい」という名前には意味がありました!!

どうやら、母親がデヴィッド・ボウイと巨人の星の大ファンだったということで、星一徹の息子の飛雄馬とデヴィッド・ボウイの息子・Zowie(ゾーイ)から命名したみたいですね。

確かにZowie(ゾーイ)とひゅーいは呼び方が似ていますね。

でも、「ひゅーいさん」は名前についてどう思っているのでしょうか!!

 

魅力は?

なぜか惹きつけられる。

母性本能をくすぐられる。

世界観が好き。

という意見が多く書かれていました!!

 

はっきり言います。よく分からない!!

だって、一度の聞いたことがなかったので・・・

 

だから、早速聞いてみました!!

ミュージックビデオには、なんと菅田将暉さんが出演していました。

でも、もっと驚いたのが・・・

この曲かなりいい!!

 

失恋の歌ですね。

聞いているうちに共感してしましました。

わかる、わかると感じることが多い曲ですね。

それにしても、菅田将暉さんの演技もうまい!!

だから、石崎ひゅーいさんの曲に魅了されるのかもしれないですね。

 

では、どうして「石崎ひゅーいさん」はこのような表現ができるのでしょうか?

表現できる理由は?

小さい頃、石崎ひゅーいさんは母親にもお腹がすいたと言えないほど引き込み思案な性格だったみたいです。

そんな引き込み思案の石崎ひゅーいさんをよく連れだしたのは、「ライブハウス」

音楽が好きでライブハウスの裏方をしていた母親はひゅーいさんに音楽を通じて、引き込み思案な性格を克服してほしいと考えたみたい。

 

また、そんな母親が言い続けたことは・・・

「自分を表現しなさい」!!

 

そして、石崎ひゅーいさんが自分自身を表現するために選んだのが・・・

「歌を歌うこと」!!

 

そのため、石崎ひゅーいさんは自分自身が感じることを音楽を通じて表現しているのかもしれないですね。

確かに独特な世界観ですが、何か感じるものがありますね。

 

では、石崎ひゅーいさんの彼女は蒼井優さんなのでしょうか?

 彼女は蒼井優?

映画「アズミ・ハルコは行方不明」で共演、ミュージックビデオ「花瓶の花」にも出演。

かなり蒼井優さんと関わりがありますよね。

そのため、噂が流れたのではないでしょうか!!

残念ながら、石崎ひゅーいさんの彼女ではなさそうですね。

 

でも、石崎ひゅーいさんのファンは蒼井優さんの熱愛報道に対して応援コメントが多いですね。

 

まとめ

独特な世界観を持つ、石崎ひゅーいさん。

しかし、独特が故に好き嫌いがあるみたいです。

個人的にはこれからの活躍を応援したと感じたアーティストでした!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.