映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

いだてんの三島弥彦はどんな人物?話題の川﨑皇輝って一体誰?

 

2019年の大河ドラマが『いだてん』に決定しました。
この作品は日本のマラソン界やオリンピックに大きな貢献をした人物・金栗四三が主人公になっています。

2020年に東京オリンピックが開催されるのでオリンピックにゆかりがある人物が大河ドラマに選ばれたみたいですね!!

 

では今回は、大河ドラマ『いだてん』の主人公でもある金栗四三のライバル・三島弥彦について紹介していきたいと思います。

いだてんのキャスト出演者一覧まとめ!登場人物を相関図で写真付き解説!

Sponsored Link

いだてん とは?

2019年からスタートする第58作品目の大河ドラマです。

引用:NHK

あらすじ

描かれるのは、日本初参加となった1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックに至る52年間です。マラソン選手として日本人初出場しながら、不本意な結果に終わった金栗四三と、東京にオリンピックを招くため尽力した田畑政治、2人の日本人の苦労と奮闘を3部構成かつリレー形式で描きます。 挫折からの復活を目指す金栗は、第一次世界大戦による大会中止などに直面しつつ、団長だった嘉納治五郎らの助けを得て厳しい練習に取り組みます。日本は1936年のベルリン大会でようやくスポーツ大国と認められ、また田畑政治らの招致活動によりようやく東京オリンピック開催が決定します。 ところが、太平洋戦争開戦を理由に返上を余儀なくされてしまいます。その後、敗戦から見事に復興して1959年、ついに5年後の東京オリンピックが決定しますが、開会に至るまで田畑らはさらなる幾多の問題解決を迫られるのでした。

引用:ciatr

Sponsored Link

三島弥彦はどんな人物?

引用:nhk

生年月日:1886年2月23日

死没:1954年2月1日

出身地:東京都

三島弥彦は明治時代に活躍したマラソン選手です。

日本初のオリンピック選手として、金栗四三と一緒にストックホルムオリンピックに参加しました。

しかし、ストックホルムオリンピックでは惨敗してしましいます。

結果

・短距離100m 予選敗退

・200m  予選最下位

・400mは予選通過するが、右足を痛めてしまい棄権

三島弥彦はスポーツ万能だっただけに、この結果に大きな傷をおってしまいました。

 

ストックホルムオリンピック後に銀行員に

ストックホルムオリンピック後に三島弥彦は兄・彌太郎の勤めている横浜正金銀行に入行します。

ストックホルムオリンピックの結果が惨敗だっただけに、三島弥彦はスポーツの世界で生きていくこと諦めたのかもしれないですね。

三島弥彦はかなりの名家の出身だったため、メンタルが弱かったのかもしれないです。

 

大河ドラマ『いだてん 』で三島弥彦がどんな感じで登場するかどんな感じでマラソン人生を終えるのか。

非常に楽しみですね!!

 

三島弥彦を調べていたら、『川﨑皇輝』という人物が話題になっていました。
一体どんな人物なのでしょうか?

川﨑皇輝とは?

Sponsored Link

生年月日:2002年7月30日

出身地:東京都

こちらが川﨑皇輝くんです。

ジャニーズで5忍者として活躍されています!!

でも、川﨑皇輝くんが話題になる理由が全くわからないですね。

 

実は、川﨑皇輝くんは三島弥彦の子孫みたいです。

以前、雑誌「POTATO」の取材に答えた時に話をしたみたいです!!

これはすごいですよね。

 

そして、今回の三島弥彦役はジャニーズの先輩の生田斗真さん。

もしかしたら、大河ドラマ『いだてん 』に川﨑皇輝くんが出演するかもしれないですね!!

まとめ

・三島弥彦は明治時代に活躍したマラソン選手。

・川﨑皇輝は三島弥彦の子孫。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.