映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

ハウルの動く城に登場する荒地の魔女の名前は?ソフィをおばさんにした理由は?

2018/08/04
 

2018年8月10日に映画『ハウルの城』が金曜ロードショーで放送されます。

この作品は宮崎駿監督でおなじみのジブリ作品で2004年に公開されました。

当時SMAPの木村拓也さんが声優を務めたことで話題になりましたね。

今回は、ハウルの動く城に登場する『荒地の魔女』について紹介したいと思います。

Sponsored Link

『ハウルの動く城』の作品情報

『原題』 ハウルの動く城

『劇場公開日』 2004年11月20日

『製作年』 2004年

『製作国』 日本

『配給』 東宝

『監督』 宮崎駿

『原作』 魔法使いハウルと火の悪魔

原作はこちらで見ることができます!!

↓↓↓

あらすじ

父親の帽子店で帽子を作って暮らしていた18歳のソフィーは、荒野の魔女の呪いで90歳の老婆の姿になってしまう。彼女はハンサムだが気弱な魔法使いハウルと出会って、彼の居城でいっしょに暮らすようになるが、その城は4本足で歩く動く城だった。
引用:映画.com

Sponsored Link

『荒地の魔女』とは一体何者?

見るからに悪者という感じがしますね。

どうやら、完全な悪役でかなり美人という設定で作られたみたいです。

 

『荒地の魔女』とは・・・

50年前に悪魔と契約した事から、王宮を追放された魔女です。

ハウルやカルシファーと互角に戦える強い力を持っています。

映画『ハウルの城』でも、『荒地の魔女』はかなり強かったですね!!

 

これは、余談なのですが『荒地の魔女』の声優は美輪明宏さんが務めました。

そのため、この『荒地の魔女』のモデルは美輪明宏さんになっています。

顔がかなり似ていますよね!!

荒地の魔女の名前は何?

残念ながら、映画『ハウルの動く城』では、『荒地の魔女』の名前に関して出てきませんでした。

しかし、今回色々と調べてみて『荒地の魔女』の有力な情報をゲットしました。

これは以前、ジブリ美術館でのみ公開されていた短編映画『星をかった日』です。

この作品は、『ハウルの動く城』のサイドストーリーでハウルの少年時代を描いた作品と言われています。

ここでお気づきの人も多いと思いますが、やはり『荒地の魔女』も短編映画『星をかった日』に登場していました。

この美しい女性がなんと『荒地の魔女』!!

そして、名前が『ニーニャ』と言います。

ということは、荒地の魔女の名前はニーニャですね。

 

荒地の魔女といえば、気になることがありますね。

ソフィーをおばさんにした理由は何?

Sponsored Link

荒地の魔女の魔法でソフィーはおばさんになりました。

どうして、ソフィーをおばさんにする必要があったのか。

これについては、映画『ハウルの城』では深くは描かれていませんでした。

そのため、予測になってしまうのですが、おそらくハウルと仲がいいフィーに嫉妬したのではないでしょうか!!

映画『ハウルの城』の最初のシーンから『荒地の魔女』はハウルを探しています。

しかし、なかなか会うことができません。

 

その一方で、ソフィーはすぐにハウルと仲がよくなってしまいます。

そのことが、『荒地の魔女』に気に触ったのかもしれないですね笑

まとめ

・荒地の魔女の名前は、『ニーニャ』。

・荒地の魔女がソフィーをおばさんにした理由は、ハウルと仲がいいソフィーに嫉妬したから。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ハウルの動く城に登場する犬の正体は何?最後の浮気者の意味は?

ハウルの動く城のソフィーの呪いって何?最後まで髪色が戻らないわけは?

ハウルの動く城のカカシの正体は何?カブ王子の名前って?

ハウルの動く城のソフィーの呪いって何?最後まで髪色が戻らないわけは?

ハウルの動く城のソフィーの呪いって何?最後まで髪色が戻らないわけは?

Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.