映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

ダンブルドアとグリンデルバルドの関係性は?ゲイ疑惑の真相は?

 

2018年11月に大人気シリーズの続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開されます。
この作品は、ハリーポッターが登場する前の時代のことが描かれているため、ハリーポッター見ていた人も知らない情報がたくさん登場しますね。

例えば、ダンブルドア校長の過去とか・・・
秘密主義者で謎の多かったダンブルドア校長、ハリーポッターを見ていた人なら興味があるところですよね。

今回は、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でも活躍しそうな『ダンブルドア』と『グリンデルバルド』について深掘りしたいと思います。

『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の関係性についてはこちら

→ファンタスティックビーストとハリーポッターの関係性は?繋がりはあるのか?

Sponsored Link

『ハリー・ポッター』の作品情報

第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年12月1日)

第2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002年11月23日)

第3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年6月26日)

第4作目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005年11月26日)

第5作目「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」( 2007年7月20日)

第6作目「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(2009年7月15日)

第7作目「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」(2010年11月19日)

第8作目「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(2011年7月15日)

 

『ファンタスティック・ビースト』の作品情報

第1作目「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」(2016年11月18日)

第2作目「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018年11月16日)

第3作目「ファンタスティックビーストと・・・・」(2020年11月20日)

第4作目「ファンタスティックビーストと・・・・」未定

第5作目「ファンタスティックビーストと・・・・」未定

Sponsored Link

ダンブルドアとは?

ホグワーツ魔法魔術学校の校長で、ハリーが一番慕う恩師的存在です。

『ハリー・ポッターシリーズ』ではハリーたちを助けたり、影から支えたりしていました!!

ハリーポッターファンなら好きな人が多い登場人物の一人かもしれないです。

 

経歴

・1881年にモールド・オン・ザ・ウォルドで誕生。

・1891年頃、父パーシバルはアリアナを襲ったマグルの少年に復讐しアズカバンへ投獄されます。

・1892年にホグワーツ魔法魔術学校に入学。グリフィンドール寮生となります。

ホグワーツ魔法魔術学校に入学後は、「ホグワーツ校始まって以来の秀才」と言われるほど活躍します。

そして、20世紀で最も偉大な魔法使いと言われます!!

ダンブルドアの活躍はかなりすごかったみたいです。

 

しかし、そんな偉大な人物なのですが、ダンブルドアは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で死んでしまいました。

 

ダンブルドア校長の死んだ理由が気になる方はこちら

ダンブルドアが死んだ理由って何?本名や杖について調べてみた!

 

ダンブルドア校長は関しては、死んでからいろんな情報が登場しましたね。

・ダンブルドアの弟『アバーフォース・ダンブルドア』の存在。

・ダンブルドアの妹『アリアナ・ダンブルドア』の存在。

 

しかし、一番気になったのが黒い魔法使い『グリンデルバルド』の存在。

ダンブルドアとは、どのような関係性だったのでしょうか?

グリンデルバルドとは?

ヴォルデモートが魔法界を支配しようとしていた時代よりも前の闇の魔法使いです。

ハリーポッターシリーズでは、あまり登場することはありませんでした。

ファンタスティックビースト』では、かなり重要なキャラクターとして登場します!!

主人公・ニュートたちの敵ですね。

 

経歴

・グリンデルバルドは1883年頃に誕生。

・ヨーロッパの魔法学校、ダームストラング専門学校に入学。

しかし、16歳のときに退学処分になります。

・学生時代から力に執着していたグリンデルバルドは、魔法界で最も強力な3つの秘宝『死の秘宝』に夢中になります。

 

では、ダンブルドアとグリンデルバルドにはどんな関係があったのでしょうか?

二人の関係性は?

Sponsored Link

この二人はもともと親友です!!

1899年の夏にゴドリックの谷でダンブルドアとグリンデルバルドは出会います

 

『ゴドリックの谷』には・・・

・死の秘宝を最初に所有した三兄弟のひとり、イグノタス・ペベレルの家がありました。

・ダンブルドア一家の故郷です。

ダンブルドアたちは問題のある妹『アリアナ』を匿うためにゴドリックの谷にきます。

 

ダンブルドアとグリンデルバルドは、優秀な魔法使いだったため、すぐに意気投合します。

考え方が似ていたのかもしれないですね。

 

そして、ダンブルドアはグリンデルバルドの影響もあり、『死の秘宝探し』やマグルを支配する計画に夢中になります。

 

そんな中、2人の前にダンブルドアの弟・アバーフォースが登場します。

ダンブルドアの両親は亡くなっており、ダンブルドアが問題を抱えた妹・アリアナの面倒を見なくてはならないのですが、『死の秘宝探し』やマグルを支配する計画に夢中。

 

アバーフォースは、その計画に反対します。

その結果、グリンデルバルドとの三つ巴の争いになり、妹・アリアナが巻き込まれ亡くなってしまします。

そのことがきっかけで、ダンブルドアはグリンデルバルドと距離を置くようになります。

また、グリンデルバルドはゴドリックの谷を去ります。

 

それからダンブルドアとグリンデルバルドはなかなか会うことありませんでした。

そもそもダンブルドアのいるイギリスではグリンデルバルドは活動していなかったみたいです。

 

しかし、マグルを支配しようとする闇の魔法使いになってしまったグリンデルバルドとダンブルドアが再び出会うのは必然だったのかもしれないですね。

最終的には『対決すること』になります。

ダンブルドアのゲイ疑惑とは?

これに関しては、脚本家のJ・K・ローリングがこう発言しています。

私はダンブルドアがゲイだと思っています。彼はグリンデルバルトに恋していました。だからこそ、グリンデルバルトが本性を現した瞬間がより恐ろしくなるのです。

 

また、『ファンタスティックビースト』でダンブルドア役を演じるジュード・ロウもこう発言しています。

ダンブルドアとグリンデルバルトは『兄弟以上』の関係だった。

 

これらのことから、少なくともダンブルドアはグリンデルバルドに恋していた可能性は高いです。

また、魔法使いとして優秀だった、グリンデルバルドに憧れていたのかもしれないですね。

 

二人の関係性についてやゲイ疑惑に関しては『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でも描かれています。

気になる方は、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を視聴してみてもいいかもしれないですね!!

 

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のキャストに関してまとめました。

ファンタビの続編に登場するキャスト まとめ !相関図と写真付き

 

まとめ

・ダンブルドアとグリンデルバルドはもともと親友だった。

・ダンブルドアはグリンデルバルドに憧れていた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.