映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

猫の恩返しのムタの名前は?最後のセリフの意味は?

 

2018年8月24日の金曜ロードショーで『猫の恩返し』が放送されます。

2002年に公開された人気アニメ作品で、今でも人気が高いです。
特に登場人物はかなり個性的で面白いですよね!!

今回は、『猫の恩返し』に登場するムタについて紹介したいと思います。

Sponsored Link

『猫の恩返し』の作品情報

Sponsored Link

『原題』 猫の恩返し

『劇場公開日』 2002年7月20日

『製作年』  2002年

『製作国』 日本

『配給』 東宝

『監督』 森田 宏幸

 

あらすじ

女子高生のハルは、車にひかれそうになっていた猫の国の王子ルーンを助けたことから、その恩返しとして猫の国に招待される。気楽な猫の世界にすっかり魅了され、「このまま猫になるのもいいかも」と思ったハルは、ルーンの妃候補にされ、猫の姿に変化させられてしまう。このままでは人間の世界に戻れないとあわてたハルは、猫の男爵バロンの助けを借り、元の姿に戻るため奮闘する。

引用:映画.com

ムタとは一体どんな人物?

ムタとは、この太った猫のキャラクターです。

バロンの仲間で、普段は商店街をウロウロしてます。

 

ムタは、口が悪く短気で気難しい性格をしており、バロンとは真逆の感じ。

でも、いざという時には頼りになる心強いキャラクターですね!!

 

甘い物が大好きすぎて、こんなことになっていましたね。

ゼリーの中にムタさんが・・・

少し衝撃でした!!

 

そんなムタには、別名がありました。

本名は何?

Sponsored Link

まず、本名ですね。

本名は、ルナルド・ムーンと言います。

かなりかっこいい名前ですね。

 

実は、ムタは猫の国では恐れられた存在でした。

それは、過去に国中の魚を喰い尽くして逃げた伝説の大犯罪猫「ルナルド・ムーン」だったのです。

猫の国では壁画にもなっていましたね。

これには驚きました!!

 

でも、気になったのがなぜ『ムタ』という名前なのか。

全く、本名のルナルド・ムーンとは関係ないですよね。

 

これに関しては、調べてみたのですが理由はわかりませんでした。

おそらく、大犯罪をした名前は危険が多いため、本名とは全く関係がない偽名を使ったのではないでしょうか!!

だから、『ムタさん』なのでしょう。

 

ムタさんで気になったのは、最後のセリフです!!

最後のセリフの意味は何?

こちらが最後のシーンです!!

ハル「バロン、あたしあなたの事が好きになっちゃったかも」

バロン「うん、ハルのその素直な所が私も好きだよ」

バロン「もしハルが本当に私達を必要としたならきっとまた猫の事務所の扉は開くだろう」

バロン「その時までしばしの別れ」

ハル「あっ」

ハル「さよなら」

ハル「ありがとうーバロン、トトさん、ムタさんもねー」

ムタ「「も」ってなんだー「も」ってー」

ハル「フフッ」

ムタさんは怒っっていますね。

一緒に頑張ったのに、最後はついで感謝されて!!

 

でも、このセリフにはハルとムタさんの関係性が現れていると思います。

ムタさんは口が悪く短気で気難しい性格をしています。

そのため、わざとハルは『ムタさんも』といったのでしょう。

 

ハルに『ムタさんも』と言われた時の姿は描かれていなかったのですが、おそらくムタさんは喜んでいたと思います。

素直に喜ばない、ムタさんのためにハルは最後に『ムタさんも』といったのでしょう。

そして、ムタさんのツッコミを期待したのかもしれないですね。

「「も」ってなんだー「も」ってー」というセリフを!!

まとめ

・ムタの本名は、ルナルド・ムーン

・最後のセリフの意味は、

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.