映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

シングに出演するゴリラ役の吹き替え声優は誰?歌ってる曲一覧まとめ!

 

映画『SING/シング』とは、動物たちの歌のオーディションで話題になった作品です。

『ミニオンズ』『ペット』などでも知られるイルミネーション・エンターテインメントが作品を手がけました。

 

豪華なキャストが吹き替えを担当したり、劇中で85曲も使用されたりと話題になりましたね!!

本当に歌はすごかったです。

 

そんな『SING/シング』なのですが、2020年12月25日に続編が公開されることになりました。

これはますます楽しみですね!!

 

今回は、映画『SING/シング』に出演した『ゴリラ』に注目して紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

『SING/シング』の作品情報

「原題」:SING

「劇場公開日」:2016年12月21日(アメリカ)、2017年3月17日(日本)

「製作年」:2016年

「製作国」:アメリカ

「監督」:ガース・ジェニングス

 

あらすじ

人間世界とよく似た、動物だけが暮らす世界。コアラのバスターが劇場支配人を務める劇場は、かつての栄光は過去のものとなり、取り壊し寸前の状況にあった。バスターは劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションの開催を企画する。極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなハリネズミなどなど、個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。

映画.com

Sponsored Link

ゴリラとは?

ゴリラとは、映画『SING/シング』に出演するキャラクターの一人です。

名前は、ジョニー(Johnny)と言います。

美しい歌声と音楽への情熱がすごいですね。

しかし、ジョニーの父親は窃盗団のリーダー(ビッグ・ダディ)のため、ジョニーの歌の思いはなかなか理解されません。

優しいジョニーが父親と音楽に間に苦しむシーンはかなり印象的ですね!!

 

でも、結局は『音楽』が諦められず、父から絶縁を宣言されてしましますね。

バスターがジョニーのことを「生まれながらの歌手」と評価していました。

確かに、ジョニーの歌声はすごい!!

 

吹き替え声優は誰?

吹き替え声優は、スキマスイッチの大橋卓弥さんが担当されました。

生年月日:1978年5月9日

出身地: 愛知県 東海市

事務所:オフィスオーガスタ

スキマスイッチでは、ボーカル、ギター、ハーモニカを担当されていますね。

代表曲でもある『全力少年』は大ヒットしました!!

 

声優にプロの歌手を起用するなんて、さすが『SING/シング』すごいですね。

過去に大橋卓弥さんは、『ドラえもん のび太の恐竜2006』で声優挑戦しています!!

しかし、本業がプロの歌手のため、声優をすることはほとんどないですね。

 

そのため、大橋卓弥さんの歌声が聞ける映画『SING/シング』は貴重な作品です!!

 

歌っている曲は何?

歌っている曲は、『Stay with me』、『アイム・スティル・スタンディン』の2曲ですね。

Stay with me

サム・スミスの代表曲ですね。

こちらに関しては、歌声がありました!!

オーデションの時に歌ってますね。

かなりうまい!!

心に響きます。

アイム・スティル・スタンディン

エルトン・ジョンの曲です。

ピアノと歌のコラボ!!

最高ですね。

また、刑務所でジョニーの歌を聞いていたビッグ・ダディが刑務所を飛び出すシーンはかなり印象的ですね!!

 

『歌詞の全文』

引用:www.uta-net.com

Sponsored Link

まとめ

・ゴリラは、ジョニー。

・ジョニーの吹き替え声優は、大橋卓弥さんが担当。

・ジョニーが歌う曲は、『Stay with me』、『アイム・スティル・スタンディン』

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2019 All Rights Reserved.