未来のミライの原作は家族が関係?声優はオーディションで選ばれる?

      2018/02/11

3年ぶりの期待作!!

細田守監督の最新作『未来のミライ』が
2018年7月20日公開することに決まりました。

この作品は間違いなく話題になる!!

多くの人が公開を楽しみにしている作品だと思います。

今回は、最新作『未来のミライ』の「原作」と「声優」を中心に紹介していきます。

Sponsored Link

あらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんが出会ったのは、未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

原作に家族が関係?

Sponsored Link

細田守監督といえば・・・

「自分のプライベートや日常を題材に作品を作ること」で有名ですね。

そのため過去の細田守作品でも数々の「登場人物の日常」が描かれていました。

その中で特に感じたのが『家族』が描かれることが多い印象を受けました。

 

ここで少し過去の作品を紹介したいと思います。

バケモノの子

あらすじ

多々良と百秋坊が「人間界(渋谷)に生きる少年(またの名を九太)とバケモノ界(渋天街)に生きるバケモノ(熊獣人の熊徹)」の人生を語る物語。

この作品では『子育て』がテーマに描かれています。

 

どうやら、このテーマの裏側には細田守監督のプライベートが関係しているみたいですね。

秘話

『バケモノの子』は細田監督にお子さんが生まれたことがきっかけになりできた作品です。

そのため、「バケモノの子」の公式HPでこう述べています。

現代社会の変容とともに、家族観も変化するのは必然です。

旧来の伝統的な家族観はもはや参考にならず、

私たちは家族の新しいあり方を模索しなければならない瀬戸際に立たされています。

新しい子供たちは何を道しるべに成長すればよいのか。

また新しい大人である私たちは、子供たちにどんな姿を見せ、

何を手渡ししてあげられるのか。

この映画を通じてともに考えていけたらと思っています。

 

まさに、子供が生まれ父親となった細田監督が日常で感じたことが映画になった作品だとわかりました。

 

感想

『家族』をテーマにした作品だからこそ熊鉄と九太の絆の深さに感動し涙する人が多いんでしょう。

 

熊鉄と九太が喧嘩するシーンも良かったですよね。

おおかみこどもの雨と雪

あらすじ

19歳の大学生の花が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長して自立するまでの13年間の物語。

この作品では『親子』をテーマに描かれています。

 

どうやら、このテーマの裏側には細田守監督のプライベートが関係しているみたいですね。

秘話

『サマーウォーズ』の製作中に亡くなられた自身のお母様への思いや、親になることへの憧れが映画製作のきっかけになりできた作品です。

そのため、「おおかみこどもの雨と雪」の公式HPでこう述べています。

自分の身近に夫婦が増えてきたときに、親になった彼ら、特に母親がやたらカッコよく、輝いて見えて、子育ての話を映画に出来ないかなと思ったんです。自分が体験してみたい憧れを映画にしたという感じです。

子供を産むことによって、人として大きく変わる感じがしますよね。何か責任を背負っている人の魅力みたいなことかもしれない。特に母親になった知り合いが輝いて見えたのは、それまで「母」というと、ちょっと縁遠い印象があったのが、自分の知り合いということもあって、自分たちの目線の中で、子供を育てるという責任を背負う姿が素敵に見えたんだと思います。だからこの映画は、母親の役割を通した女性の話として作りたかった。

まさに、細田監督の親に対する憧れがこの作品には強く出ていると感じる作品でした。

特に母親の力強さはすごかったです。

感想

おおかみたちの母親・花の苦労しながらも子育てに奮闘する姿が一番印象的でした。

花からは何か責任を背負っている人の魅力みたいなものが感じられました。

 

サマーウォーズ

あらすじ

高校2年生の健二が憧れの先輩である夏希の実家に行くことから始まり、陣内家の人たちとともにインターネット上の仮想世界OZで起こった問題を解決するという物語。

この作品では『大家族』がテーマに描かれています。

どうやら、このテーマの裏側には細田守監督のプライベートが関係しているみたいですね。

秘話

細田守監督が奥様のご実家に行かれた時に感じた驚きや家族のすばらしさがきっかけになりできた作品です。

 

感想

特に印象的だったのが栄おばあちゃんの言葉。

「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから」
おばあちゃんが家族に向かって言った言葉で「家族の大切さ」を感じました。

 

細田守監督のこだわり

過去の作品を見ていても本当に『家族』にこだわっていると感じました。

ではどうしてなのでしょうか??

それは細田守監督が「映画は到達可能な理想を描くもの」という考えの持ち主だからです。

だから、自分自身が経験し感じたことが映画の題材になっているんですね。

 

では今回の『未来のミライ』はどうなのでしょうか??

未来のミライ

今回も『家族』が描かれそうですね。
4歳のあどけない表情がかわいい男の子・くんちゃん。
未来からやってきた妹・ミライちゃん。

この二人が不思議な世界観を作り出す予感が・・・

引用:http://gigazine.net

では『原作』はあるのでしょうか?

原作はある??

 

原作はあると思います。

しかし、何かを題材やモデルにしたというわけではなく、細田監督の日常をモデルにした作品だと思います。

現在、細田監督は5歳の男児、2歳の女児の父親

おそらく、最新作『未来のミライ』にも『細田監督の子供』は影響を与えたでしょう!!

 

 

最後に気になったのは『声優選び』です。

細田監督はいつも声優にかなりこだわります。

過去に『声優選びはこの作品のためだけに選ぶ』。
また、映画の人物のイメージに合う方に出会うまで探し続けますとおっしゃられています。

ではどうやって「声優」を選ぶのでしょうか?

オーディション?

有名な作品で言えば、ディスニーとかは一般のオーディションとか開催しますよね。

 

そのため、細田守監督もついにオーディンションを行うのかと話題になっています。

その理由としては・・・

細田守監督の声優のキャスティングに不満の声が多い。

 

俳優さんではなく、声優さんを起用してほしいという意見からみたいですね

 

またそのことから是非オーディンションをおこなって欲しいというファンの意見も混じっているのかもしれないです。

 

でも、細田守監督はプロの声優を使わない理由として

「技術でお芝居をするのではなく、存在感、人間性などで表現してもらえる方を求めている」と言われています。

 

声優起用は厳しい気がします。

 

しかし、細田守監督の所属する「スタジオ地図」の公式ホームページには声優に関す流情報がまだありません。

そのため、どうなるかわからないですね。

個人的には主要なキャラクターは俳優さんのような気がしますが・・・

声優の起用法については全く見当もつかないですね。

 

では一体『未来のミライ』の声優は誰になるのでしょうか?

予想して見ました!!

声優は誰?

くんちゃん

寺田心くん。

『TOTOのCM』のイメージです。

かなり可愛く、くんちゃんのあってると思います。

 

ミライちゃん

志田未来さん。

借りぐらしのアリエッティ』のイメージです。

声優としての評価も高く、ミライちゃんにあっていると思います。

まとめ

最新作『未来のミライ』について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると
・最新作『未来のミライ』は2018年7月20日公開。

・最新作『未来のミライ』に原作はある。

・最新作『未来のミライ』の声優はくんちゃん役・寺田心くん、ミライちゃん役・志田未来さん。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

○ドラマ・映画好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!
Sponsored Link

 - アニメ, 映画, 未来のミライ