映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

キングダムの実写映画キャストは誰?相関図と写真付き一覧まとめ!

2019/02/20
 

『キングダム』は、原泰久による日本の漫画作品です。

2006年9号より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、連載されており、現在も連載中。

また、NHKでアニメ化され、2012年と2013年に放送されました。

壮大なスケールで描かれる『キングダム』は多くの人を惹きつける魅力的な作品ですね。

そんな大人気作品の『キングダム』が映画化されます!!

これはかなり期待です。

 

今回は、実写映画『キングダム』のキャストに紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

『キングダム』の作品情報

『原題』 キングダム

『劇場公開日』 2019年4月19日

『製作年』  2019年

『製作国』 日本

『配給』 東宝

『監督』 佐藤信介

あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。

引用:映画.com

Sponsored Link

相関図

引用:https://geitopi.com

 

キャストは誰?

信(しん)役:山崎賢人

主人公で、大将軍を目指す戦争孤児。

豪気かつ直情径行で、自分の意志を貫く頑強な心を持ちます。

相手が格上でも、比例して実力を底上げする天才タイプ。

第三十一代目秦国王『嬴政』を前にしても、無礼な行為を繰り返す!!

でも、勝利という結果を残すゆえに、『嬴政』に頼りにされる存在に成長していきます。

 

嬴政(えいせい)・漂(ひょう)役:吉沢亮

『嬴政』と『漂』は瓜二つの容姿をしているため、吉沢亮さんが同じ役を担当しますが、それぞれ違う人物です。

嬴政

第三十一代目秦国王。

幼少時代を趙で育ち、その際、趙人に憎悪の対象として虐げられていたため感覚が殆ど無く、他人を一切信用しない荒んだ性格。

そのため、冷静でどんなことにも動じない、ポーカーフェイスの持ち主です。

しかし、『中華統一』を公言したりと、発想が柔軟かつ大胆な人物。

昌文君や信のことをとても信頼しています。

頼れるリーダーですね。

 

信と共に、大将軍を目指す戦争孤児。

信の幼馴染で、親友です。

嬴政に容姿が似ていることから、昌文君に誘われ、嬴政の影武者に!!

しかし、最後は成蟜の部下に殺されてしまします。

 

楊端和(ようたんわ)役:長澤まさみ

山の民の最大勢力の王。

女性ながらその武力は山界一とされ、自ら先頭に立って統合した実力者です。

政と強固な盟を結び王都奪還に力を貸しますね。

美しい美貌も魅力の一つです!!

 

河了貂(かりょうてん)役:橋本環奈

梟鳴(きゅうめい)という山民族の末裔。

鳥の頭を模した蓑を被っており、かなり奇妙な人物です。

はじめは、金のため政と信に協力していたが・・・

政と信と姿に魅了され、仲間になります。

武器が、吹き矢ですね。

 

成蟜(せいきょう)役:本郷奏多

政の異母弟。

王族は、崇高な存在であるという考えから、臣下を道具の如く扱い、平民を鬱憤晴らしに虐殺などを行います。

成蟜は、子供ながら暴虐な性格の人物です。

 

そんな中、王位継承権が平民の血を引く異母兄の政に移ることに・・・

これに、激しく憎悪を感じ、王位を奪うため竭氏と組んでクーデターを起こします。

 

壁(へき)役:満島真之介

昌文君の副官。

名家出身だが生真面目で気取らない性格です。

信の兄貴分的存在。

『嬴政』の影武者として、死んでしまった漂の死に最も悲しみの態度を見せた人物ですね。

基本戦術は得意ですが、奇策や奇襲と言った戦法は苦手。

 

バジオウ役:阿部進之介

楊端和傘下将軍。

過去に、戦に巻き込まれて滅んだバジ族の生き残りです。

 

発見当時、獣のような気性だったが、楊端和に敗れ一族に加わったことで、第に人間性を取り戻して

していきます。

楊端和の傘下でもかなり優秀な戦士です。

山の民、秦両方の言語を話すことができます。

 

朱凶(しゅきょう)役:深水元基

200年続く暗殺集団『朱凶』。

赤黒の衣装を身にまとい、背中に大ぶりの剣を差しています。

暗殺集団のため、金で動き任務遂行のためには手段を選びません。

信との戦いに破れ、『嬴政』に殺されますね。

 

昌文君(しょうぶんくん)役:高嶋政宏

政筆頭家臣。

昌平君や王騎も高く評価する熟練の将軍です。

元は『嬴政』の教育係で、信の孤児時代を知る人物。

真面目な性格を生かし、嬴政に忠誠を誓います。

 

騰(とう)役:要潤

王騎軍副官。

常に王騎の傍に控えており、普段は飄々としてポーカーフェイスを崩さない御茶目な紳士です。

しかし、実力派で王騎と同等レベルと言われています。

片手に持った剣を高速回転させ撫で斬りし、敵を圧倒します。

 

左慈(さじ)役:坂口拓

成蟜傘下将軍。

肆氏の片腕にして、『竭氏の人斬り長』と呼ばれるなど危険な人物です。

過去に、服を汚されただけで相手を真っ二つにするほど気性が荒い性格。

王都奪還戦で、信に破れ敗死します。

 

魏興(ぎこう)役:宇梶剛士

成蟜傘下将軍。

肆氏の片腕にして精鋭弩弓隊を率いる将軍です。

かなりの実力者なのですが、王騎に斬殺されてしまいます。

 

竭氏(けつし)役:加藤雅也

秦国元左丞相。

呂氏を蹴落とし大臣の頂点を狙う野心家です。

蟜と共にクーデターを起こし、『嬴政』を暗殺しようとします。

しかし山の民の協力を得て、王都を奪還に来た『嬴政』一派との戦闘により命を落とします。

 

肆氏(しし)役:石橋蓮司

元竭氏参謀。

王弟反乱の立案指揮を実質的に執り行っていた人物です。

文官としてかなり優れており、政筆頭家臣でもある昌文君より能力は上と言われています。

のちに『嬴政』の側近の一人と活躍します。

 

王騎(おうき):大沢たかお

秦国六大将軍の一人。

元々は、昌文君と共に昭王に仕えていました。

しかし、昭王の亡き後、一戦を退き、自分の居場所を求めていました。

個人的武勇と戦場全体を見渡せる知略の双方を兼ね備える最強の将軍!!

「秦の怪鳥」という異名で、多くの武将に恐れられています。

 

Sponsored Link

まとめ

実写映画『キングダム』はかなり面白そうですね。

ロケが中国で行われたりしているので、スケールがかなり壮大で迫力がありますね。

また、『キングダム』は図書館戦争やいぬやしきのメガホンをとった佐藤信介さんが監督を担当します。

これもワクワクさせますね!!

公開が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2019 All Rights Reserved.