映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

勝手に震えてろは西野カナを批判?気になるのは綿矢りさとの関係? 

2018/07/28
 

今回紹介するのは、映画「勝手にふるえてろ」についてです!!

松岡茉優が映画初主演ということでかなり話題になっていますね。

かなり個性的な役なのですが、
かなりハマっていて見たくなりそうな映画です。

そんな松岡茉優といえば・・・・

あまちゃんでブレイクし、最近ではドラマに結構出ていますよね。

2017年には、
「やすらぎの郷」「ウチの夫は仕事ができない」「コウノトリ」に出演されています。

かなり演技力が高いのですが、それよりもバラエティ番組での対応力の高さが話題になっています。

そんな大注目の松岡茉優が出演する映画「勝手にふるえてろ」について紹介していきたいと思います。
Sponsored Link

勝手に震えてろとは?

綿矢りさによる小説『勝手にふるえてろ』を実写化した作品です。

 

綿矢りさといえば・・・

最年少で芥川龍之介賞を獲得したことで有名ですよね。

また、かなりの美人さんで人気が高いです。

小説家としての才能もあり顔が美人かなり羨ましく感じます。

意外にも女性からの評価が高いみたいです。

その理由としては・・・・

読みやすいのがいいみたいです。

個人的にも、「インストール」なんかはすぐに読めてしましました。

展開も面白くオススメです。

ここで疑問が浮かびました!!
映画「勝手にふるえてろ」を調べているとどうしても西野カナとでてきます。

西野カナと何か関係があるのでしょうか。

西野カナとは?

Sponsored Link

これは西野カナの歌「会いたくて」が関係しているみたいですね。

西野カナは歌の中で「会いたくて、会いたく、震える」と言っています。

それに対して綿矢りさの小説が「勝手に震えてろ」

どうやら西野カナさんのことを綿矢りさが否定しているということから調べられるようになったみたいですね。

「勝手に震えてろ」は2010年8月30日発行。

「会いたく 会いたくて」は2010年5月19日に発売。

確かに綿矢りささんが意識してつけたタイトルにしか思えないですね。

かなりタイミングが絶妙な気がします!!

 

実際はどうなんでしょうか。

では気になるのは真相ですよね。

気になる真相?

真相は・・・

どうやら、自分の殻を破ろうとして破らなかった自分自身に対して「勝手に震えてろ」という意味があるみたいです。

実は「勝手に震えてろ」が発売されるまで綿矢りささんはかなりスランプだったみたいです。

書きたいことがあるのだけどなかなか書くことができない。

書いたとしても自分が描きたいものではない。

そのため、いろいろと悩んでいたみたいです。

しかし、ある時気がついたみたいです。

理想ばかり考えるのではなく、書いたいものを書いたらいいんだと!!

そこからどんどん書けるようになってたのだとか。

どうやら西野カナさんは関係ないみたいです。

 

でも、「会いたくて、会いたくて、震えている」女の子がいたら、綿矢りささんは「勝手に震えてろ」というかもしれないですね笑

まとめ

「勝手に震えてろ」について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると

・綿矢りささんは最年少で芥川龍之介賞を獲得。

・西野カナの「会いたくて」は関係ない。

・勝手に震えてろは綿矢りささん自身に対しての言葉。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2017 All Rights Reserved.