映画、ドラマ、cmなどの気になったことを深堀していきます

ファインディングドリーのタコのハンク役の声優は誰?過去に何があった?

 

2018年6月22日に映画『ファインディング・ドリー』が放送されます。

この作品は、映画『ファインディング・ニモ』の続編ということもあり、人気が高いです。

また、可愛らしいキャラクターも魅力の一つですよね。

今回は、映画『ファインディング・ドリー』に登場するタコのハンクに注目したいと思います!!

Sponsored Link

 『ファインディング・ドリー』の作品情報

『原題』 Finding Dory

『劇場公開日』 2016年7月16日

『製作年』 2016年

『製作国』 アメリカ

『配給』  ディズニー

『監督』 アンドリュー・スタントン

あらすじ

物語はカクレクマノミのマーリンが、ナンヨウハギのドリーと共に愛する息子のニモを人間の世界から救出した冒険から1年。3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある晩、ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る。昔のことはおろか、ついさっき起きたことも忘れてしまう忘れん坊のドリーだが、この夢をきっかけに、忘れてしまったはずの両親を探すことを決意。「カリフォルニア州モロ・ベイの宝石」という唯一の手がかりから、人間たちが海の生物を保護している施設・海洋生物研究所に、両親やドリーの出生の秘密があるとを突き止めるが……。
映画.com

Sponsored Link

声優は誰?

生年月日:1965年5月7日

出身地:東京都八王子市

事務所:ゼロライトイヤーズ

上川 隆也さんです。

俳優としての印象が強いのですが、なんと声優や吹き替えもされています。

過去には・・・

・劇場版 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズン(2011年) – マロイ 役

・かぐや姫の物語(2013年) – 石作皇子 役

最近では、映画『ジオストーム』で主役の ジェイク・ローソン役の吹き替えも担当しました。

 

声優としても活動する上川 隆也さんなのですが、実は映画『ファインディング・ドリー』のハンク役はオーディションを受け、勝ち取ったみたいです。

人気作品映画『ファインディング・ニモ』の続編ですもんね。

オーディションはおそらく厳しかったのではないでしょうか!!

 

では、上川 隆也さんは声優を務めたハンクとはどんなキャラクターなのでしょうか?

タコのハンクとは?

海洋生物研究所で最初に出会った、7本足のミステリアスなタコです。

カメレオンのように身体の色をカモフラージュさせることで何でも自由に姿を変えることができ、人間に見つからないように水槽から脱出する達人!!

『あるモノ』との交換を条件にドリーの家族を探す手助けをしようとします。

かなり重要なキャラクターということもあってハンクは人気が高いです。

ハンクはかっこいい?

https://twitter.com/kanata_516/status/1007628046575079424

SNSでも人気が高いですね。

やはりかっこいい理由は・・・

困ってるドリーを助ける姿ではないでしょうか!!

最後の最後までドリーを助けますね。

しかも、ハンクはかなり有能で最強です。

かなりかっこいい!!

 

しかし、そんなハンクには隠された過去がありました!!

ハンクの過去とは?

ハンクは過去に足をサメに食べられたという過去を持ちます。

ハンクの足は、もともと8本だったのですが、現在は7本になっていますね。

その影響もあって、海に対する恐怖がすごいです。

 

しかし、ドリーと出会うことでハンクの気持ちもどんどん変わっていきます。

ドリーとハンク、二人の関係はかなりいいですよね。

 

テレビ放送では、ぜひハンクの活躍に注目してほしいです笑

まとめ

・タコのハンクの声優は上川 隆也さんが担当。

・ハンクは過去にサメに足を食べられた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちょっと深掘り中!! , 2018 All Rights Reserved.