大谷翔平が入団するエンゼルスってどんなチーム?活躍はできるの?

   

ついに決まりましたね。

二刀流の男・大谷翔平選手の移籍先が!!

たくさんの人がどこになるのと期待していましたよね。

一時期は、ヤンキースが獲得する?イチローが所属していたマリナーズ?
と話題になっていましたが。

大谷翔平選手が選んだのは、
メジャーリーグの『エンゼルス』です。

正直、どんなチームかわからないので今回紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

エンゼルスってどんなチーム?

エンゼルスとは

名称:ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

リーグ:アメリカン・リーグ西地区

設立年度:1961年

球場:エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

収容人数:4万5050人

ワールドシリーズ優勝回数:1回

リーグ優勝:1回

地区優勝:9回

ワイルドカード獲得回数:1回

優勝常連チームではないですね。
成績を見てもあまり強くない印象を受けました。

 

2017年の成績

順位:2位

打率:.243(14位)

本塁打数:186(13位)

打点:678(11位)

防御率:.243(14位)

勝利数:80(6位)

セーブ数:43(4位)

選手

マイク・トラウト

・中堅手 右投右打

・年齢:26歳

・メジャー通算は7年ながら、MVPを2回、シルバースラッガーを5回受賞し、オールスターゲームには6度も出場しています。

 

アンドレルトン・シモンズ

・遊撃手 右投右打

・017シーズンは自身3度目となるゴールデングラブ賞を獲得しています。

 

コール・カルフーン

・右翼手 左投左打

・2017年は主に5番を打ち、チーム3位となる71打点を記録しました。

 

ジャスティン・アップトン

・外野手 右投右打

・2017年のシーズン途中にタイガースからトレードで加入しました。

 

J・C・ラミレス(先発)

・右投右打

・2017シーズンでロサンゼルス・エンゼルスのチーム内最多勝を記録した投手です。

 

ブレイク・パーカー(リリーフ)

・右投右打

・2017シーズンのチーム最多登板投手。

 

SNSでのエンゼルスの印象です。

https://twitter.com/kan_Fs11/status/939296055832690688

https://twitter.com/h17_s2/status/939261820014964736

知らないという意見が多いですね。

でも、実はこのチーム結構日本と馴染みがあります。

その理由は・・・

過去に『松井秀喜』『長谷川滋利』『高橋尚成』などが所属しています。

 

このことも移籍に関係しているのかもしれないですね。

 

では、どうして大谷翔平選手は『エンゼルス』に移籍したのでしょうか??

なぜエンゼルス?

Sponsored Link

個人的にはかなり衝撃を受けました。

その理由は・・・

正直あまり知らなかったので。

でも、あまり知られていないことが移籍先に決まった理由かもしれないです。

どういうこと??

大谷選手が移籍先に提示した条件が・・・

「西海岸」「小さな市場」。

そして、二刀流の出場が条件!!

確かに大きなチームに入ってしまうと、二刀流での出場ができないかもしれないですもんね。

そのことを考えると、
『エンゼルス』は一番いいチームかもしれないですね。

では、活躍できるのでしょうか??

 

活躍できるの?

活躍できる可能性はかなりあると思います。

その理由は・・・

投手が弱い。
打率があまり良くない。

守備がうまい選手がいるのですが・・・

なかなか優勝という結果には繋がっていない見たいですね。

そのため、投手として野手として両方の面で大谷選手に魅力を感じたのかもしれないです。

大谷選手の加入で『エンゼルス』は大きく変わりそうな予感がします。

しかし、実はこれだけではないのです。

『エンゼルス』には守備のうまい選手が多い。

これは大谷選手自身も成長できると感じたのかもしれないですね。

そのことを考えると本当の意味でWIN-WINですね。

『エンゼルス』を移籍先に選んだ理由に納得です!!

まとめ

大谷翔平選手について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると
・大谷翔平選手はエンゼルスに移籍。

・エンゼルスは無名。

・エンゼルスは二刀流を期待。

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

○野球好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 - その他